スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規制?

今月に入ってこのblogサイトにほとんど繋がらない。
この国、都合が悪いことは見られないように規制をかけてしまう。
以前から日本では見られるのにこっちでは繋ぐことができないサイトがあったけれど
まさか、ここにもお国の手がかかるとは。

前にyahooに数日繋がらなかったことがある。
確か「毒入り餃子」が世間を騒がしていた頃。
おかげでメール機能も停止。

最近には、google検索サービスが中国市場から撤退するとニュースになっていた。
世界中の人が(自由に)アクセスできることを使命とするgoogle側と
検索結果を検閲することを絶対とする中国政府の戦い。
結局、折れたのはgoogle側。

上海万博を目前にして
街中で行われていた工事が次々と終了し、街並みは見違えり
自分が慣れたのか、周りが変わったのか、随分住みやすくなった。
そして、規制の強化。
どこのDVD屋もリフォームが行われ秘密の部屋が出来上がっていた。

あちらこちらに「文明」の文字を掲げ
「ごみはゴミ箱へ」
「赤信号は止まる、緑になってから歩く」
「電車に乗るときは降りる人が先」
なんていう超初歩的マナーの向上を図っていたが
その辺りの変化はあまり評価できない。

こんなこと書いたらまた繋がらなくなっちゃうかな。
スポンサーサイト

効果

去年の秋に始めたヨガ。
マンション敷地内のジムで週に1回行われているのに
行けたら行く、という程度で続けている。

もともと身体はガッチガチに硬くて
小中学生で行われていたスポーツテストでは
立位体前屈の最高記録は2.5cm。
ほとんどが-(マイナス)、床に手が届くことなんてありえなかった。

それが今、バスケの前にストレッチをしていても
足先をつかむことも楽になり
立位体前屈は、なんと5本の指が地面につくようになった!
目指すは手のひら着地。

そして、明らかに変化が現れたのは肩こり。
気がついたら最近肩が軽い。
たぶんヨガのおかげ。

しかし、一番の目的、下腹部の引き締めには
あまり効果が見られない。
残念。

ももち

2月に日本に帰っていたときに
地元のバスケに参加。

その時に「ももち」をくらった。

「ももち」とは
腿に膝があたり激痛がはしること。

私があまりの激痛に固まり
「あ゛ー、ももちぃー」と苦しみながら言うと
誰もが理解。したと思っていた。

そこで初めて知った。
「ももち」が標準語でないことを。

奈良出身の子を含む数名がそれを「ももかん」と言い、
石川出身の自称関西人は「ドクバリ(毒針?)」と言う。

思い出す度に、いろいろな友達に聞いてみた。
多くの意見は、
そんなシチュエーションになったことがないので、そんな言葉は使ったことがない。
だった。

誰が言い出したんだろう。

負傷

アジアカップでは男女共に4試合を消化。
7分流しだし、全て出ていたわけでもないけれど
さすがに体がいっぱいいっぱいになった。

旦那さまはどうやら肋骨を痛めた模様。
始めは、脂肪の奥にある筋が痛い、と脇腹をさすっていたが
動いてもさほど痛みはないのに、咳をするとひどく痛むらしい。
今週は出張続きで病院に行けないため、あくまでも推測。

私は久しぶりに突き指をした。
腫れて青くなるのは久しぶり。
とにかく衝撃を与えたり動かしたりすると痛かったので
広州で湿布を買いに薬局に行った。

そこで見つけたローカルな薬。
鹿香壮骨膏
タイガーバームの湿布型?
気になるので買ってみた。
一袋8枚入りで100円くらい。

第一印象。
臭っ。
しかし、すぐにスースー感がして効いている感じ。

「麝香壮骨膏」
辞書で調べてみた。
麝香・・・中薬の一種
(麝・・・<動>ジャコウジカ)
どうやら虎は関係ない。

一日つけていたら、指が何故かターメリックの臭いがする。

そして、足の小指はさらにぶつかること数回。
いつになったら治るかなぁ。

惜敗

3月6日、中国広州にて
第6回バスケットボールアジアカップ開催。

年に一度の大会。
10月にはチャイナカップがあって
こちらは中国国内の都市対抗。
アジアカップはその名の通りアジア中から日本人が集合。

参加チームは、上海、北京、蘇州、広州、深セン、香港、台北、
シンガポール、バンコク、クアラルンプール、マニラ、ハノイ、ホーチミン、ジャカルタ
の14地域から計15チームが参戦。
女子は上海+蘇州チーム、北京+ハノイ+ジャカルタチーム、
広州、香港、台北、シンガポール、バンコク
の7チームでの決戦となった。

去年は産休中だったため、今年が始めての参加。
秋のチャイナカップもすごいと思ったけれど
今回も大会の完成度、そしてその規模に圧巻。
asia cup
これ、あくまでも一部。後部にまだ倍程度の人が並んでいる。
会場は広州大学。
立派な体育館で観客席付きでコートは3面。この他にももう2面使用。
審判だってちゃんとレフリーシャツを着た中国人が笛を吹いてくれた。

上海(男子)チームは過去2回優勝経験あり。
今年も優勝奪回が目標。
7分クォーター(流し)の試合を3つを勝ち進み決勝戦へ。
宿敵香港が準決勝でまさかの敗退。
香港を下した開催地広州チームとの決勝戦。
ホームアドバンテージに屈することなく3年ぶりの王者へ!

女子ももちろん優勝が目標。
しかし途中3試合目で、前回優勝の香港チームと対戦。
ジャジャーン!勝利で初の決勝戦出場!
決勝はシンガポールチーム。
リードで進んできた試合もとうとう同点になり
終盤に相手のフリースロー。
残り時間45秒。1本が決まり、そのまま試合終了。
悔しい負け方で終わってしまった。

パパは気温25℃の中での試合で、一日で体重が5kg程度も減り
私は折れていた小指がコロンコロンに腫れ上がった。

来年の開催地は香港にほど近い深センに決定。
リベンジをかけて参加したいところだが
来年の3月まで上海にいるかなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。