スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水色飛行機

水色飛行機を引退してから早5年。
入社したのはもう10年前になる。

なのに、未だに無意識に出てくるイムニダ語。
どうしても、中国人と会話していると漢字よりもハングルが出てきてしまう。

そして、度重なる偶然。

3月の引越しの時、不動産が用意してくれた再利用可能なダンボール。
紙ではなくてプラスチックのような素材でできていて
前に使った人のガムテープなんかがつきっぱなしだった。
そこに、見慣れたテープ。チェックインの荷物なんかに張る会社名入りのテープ。
日系の不動産なのに。全部剥がしておいた。

今の家のオーナーさんは台湾人。
DVD再生機が壊れたので新しいのを持って来てくれた。
よく見ると、入れてきた袋にデンデンマーク。
立派な紙袋だった。よく利用しているのかしら。

たまたま見かけた広告。
タイへの旅行を当てよう!的な文句とともに、何故か水色飛行機。
中国にもタイにも飛んではいるけれど、わざわざ半島経由?

オランダに飛んでいる友人も言っていた。
アムステルダムの街をミニチュア化した公園があるらしい。
その中にあった、アムステルダムの空港模型。
一番目立つところに、自分の国の物ではない水色飛行機。

目立ち過ぎ。
しかし、目に付いてしまう自分が恐ろしい。
スポンサーサイト

注意!

今日でゴールデンウィークも終わり。
今年はパパもいなかったし、これといって何も連休らしいことをしなかった。
今日は1月で90歳になった主人のおばぁちゃんに会いに行ってきた。
そこで、ちょっと話題になった話し。

飛行機の中でのお酒。

品揃えは十分。しかも飲み放題。
客層によっては居酒屋になることも少なくない。

でも、最近ではこれを有料化している会社も増えてきているみたい。
ま、これもいろいろ理由があるようで
飲み放題で泥酔者が出るのを防ぐため、なんていうけれど
価格競争の中、チケット代を安くして
機内食まで有料にしちゃう会社もあるくらい。
サービスする方にしてみれば、こんなことでお金を勘定しなきゃいけないなんて
勘弁してほしい。

この間乗った米系の会社が有料だった。
ビール350ml缶おつまみつきで¥500!チーン
そりゃぁ、ここで¥450なんてしたらお会計が大変だけど
これなら「はい、よろこんでぇ!」と激冷えのジョッキに注がれたの方が
よっぽどウマイ。

で、義母さんから「酔っ払いとかたくさんいるの?」
います、います。

訓練では、酔っ払いに限らないけれど
拘束の仕方や、さっと使える簡易手錠の使い方なんていうのを学ぶ。
私はこういったお客様には遭遇したことはないが
「こんなことがありました」なんていう話はよく聞いた。

昔、乗ってくるなりお酒臭くて挙動不審だった一人旅のおばさんの相手を
ロサンゼルスから延々としたことがある。
何を言っても「ふざけんじゃねっっっちゅうの」と大粒の爆弾をとばしながら大声を出し
体は大きく揺れちゃっていた。
私も泥酔の経験もあれば、酔っ払いの扱いにも慣れているつもり。
いつのまにか悲しい身寄り話になり、そのうちに寝てしまった。
到着の頃には別の意味で赤い顔でそそくさと降りていってしまった。
お礼の一言くらい頂きたかったわ。

「機内では気圧の関係でアルコールがまわりやすくなっております。
 お酒はいつもより控えめになさることをお勧めいたします。」よ

スカーフの謎

もうそろそろ私も出発になるので
最近、あちらこちらに出かけて
多くの人と会ってお食事をしたりして羽を伸ばしている

今日はいつものバスケの練習の後にちょっとお食事。
その時、急に飛んできた質問。
「客室乗務員のスカーフは業務上どういう意味があるのか?」

今日は、めでたく国家試験に受かり、春からナースになる方の
おめでとう会を兼ねていたし
あんなもの、シンボル的なものとしか思ってなかったので
答えが出なかった私

そこで、先生をしている方から出た素晴らしい回答。
「あれは止血の時に使うのよ。」
さすが先生。たぶんおっぱっぴーな現役スッチー達にもできない発想。

あのスカーフ、日本ではお決まりのように多くの航空会社が制服として着用している。
スカーフを巻いていると、いかにも感が倍増する。
しかし、私の場合、以前の会社ではスカーフではなく
結ぶだけでリボンの形になるなんちゃってスカーフというか、過保護リボンというか
そういうものだったので、
今回、“いかにもスカーフ”を着用するにあたって
自分が“いかにも巻き”をすると、どうもしっくりこない。
以前のものが過保護だったので、今回は完成するのにかなりの悪戦苦闘を強いられる。
しかも、あれ、お食事サービスの時にエプロンを着る際には、はずす事になっていて
1回のフライトでたいていお食事が2回あるが、
そうなると、到着するまでに3回も結ばなければならない。
ただ面倒くさいだけで、何の為なんて考えたこともない。

中には、おみごと!と言いたくなるほどキレーに巻いている子達もいる。
どうしたらそんな形になるのか、いつも聞いてみたかった。
余談だが、こんな話を聞いたことがある。
日本の2大航空会社。
J巻き、A巻きっていうのがあって
基本的に、Jは直接首に巻く派が多く、Aはブラウスの上から巻く派が多いとか。
言われてみればそんな気もする。
ちなみに私はブラウスの上から派。
首に直接巻くとくるくる回ってしまい
横についていたリボンがいつの間にか前に来ていて七五三になってしまうし、
きつく巻けば苦しいし、とにかく気になって仕方がない。

かなり、話がそれたが「業務上の意味」、知っている方いらっしゃったら
教えてくださぁい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。