スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調達

今日も友人との会い納めのため、都内へ。
東京でのお買い物も最後かしら。

娘をおばぁさまにお願いして、昼過ぎに出発。
これからの生活に必要な家電を探しに秋葉原へ。

もしかしたら秋葉原で降りるのなんて初めてかも。
駅を出た瞬間、いましたメイドさん。
客引き?ビラ配り?してました。
秋葉原に来たことをすこし満足。

今日のお目当ては、マイナスイオンドライヤー、DVD再生機、そして空気清浄機。

ドライヤーは国内海外両用の物をすぐに発見。

お次は、DVD再生機。
娘がかなりのDVDっ子。一度、アンパンマンのDVDを買ってからというもの
好きな時に好きなだけ好きな物を見られるので
朝起きてから寝るまで、オーダーが絶えない。
でも、鑑賞中はほったらかしにして家事に専念できるし
こちらとしても必需品。

上海の家にはDVDプレーヤーがあるのだが
DVDって結構クセモノ。
お国によって規格が違って、日本のDVDは中国のプレーヤーでは見られない。
日本は「NTSC」というもの。中国は「PAL」式。
ちなみにビデオにも規格の違いがあって
昔、イギリスにいた頃、日本から送ってもらったビデオが見られなかったことがあった。
どちらもCDみたいに世界共通にしてもらいたいものだ。

当初、DVDはパソコンで見させる予定だった。
しかし、先日の爆発。
こちらで安いDVD再生機を買っていくことになった。
おもちゃのような安い再生機が4000円台からあったが
これには変圧器を接続しなければならない。
変圧器はなるべく避けたい。

がんばって探してみた。
ありました!日本のDVDが見られる、海外電圧対応のDVDプレーヤー
しかもこれ、どちらのDVD規格でも見られるんだって。

そしてなんと!ヨドバシの貯まったポイント使ったら
ドライヤーと合わせて7000円ぽっきし
ヨドバシラブ

空気清浄機は海外用商品のコーナーに並んでいることはなく
店員さんに聞くと、国内使用の物しかないので変圧器が必要とのこと。
中国で探すか。

ヨドバシの店員さん、対応してくれたのは中国人の「りゅう」さん。
中国での携帯事情とか聞いちゃいました。
秋葉原に大満足。
スポンサーサイト

会い納め

いよいよ出発まで1週間となり、本当の会い納め時。

昨日は、高校のバスケ部のみんなとお子抜きでぶっちゃけトーク満載。
登場人物は、私の他に3人。
現役保母さんの元部長。数年前にすでにsweet tenを迎え、長女は小学校3年生。
オールマイティーな市役所職員。こちらも2児の母。
そして、まだまだ仕事に生きる経験豊富な唯一の独身。

今回は、まず中国ネタ。大地震の話から上海の超高層ビルの話題に。
ブログを見てくれている保母さん。
「上海ヒルズ、あれすごいよねぇ。森ビルって森英恵でしょ。
あの人そんなことまでしてるのね。」って。ちょっと。
いきなり高学歴のキャリアウーマンから「バカじゃないの。全く違う『森』よ!」と
容赦ない攻撃。
本人は「一つ学んだ」と満足げ。

お約束のように、次は「で、最近どーよ。」なんて話し。
夜の話も女だけだと言いたい放題。
「え、なに、やっぱり公務員的には
 『はい、ただいま受付時間が終了しましたので本日はお取り扱いできません。
 月曜から金曜日のこの時間でお願いします』とかって断わるの?」
と、公務員的夜の生活マニュアルで大盛り上がり。
温厚な彼女が「公務員をバカにしてるでしょぉ。」なんて言うけれど
こんな話しをしながらバカ笑い出来るのも長い付き合いだからこそ。

そして、次のターゲットは出産未経験者。
「高齢出産になると」、なんて話しになると
さっきまで「森ビルには蝶のマークが付いてるんじゃないの」なんて言ってた保母さんが
普段聞けない貴重な保母業界ネタを披露してくれる。

びっくりしたのは、羊水検査の話し。

簡単に説明をすると
最近では35歳以上の出産(初産限定?)を高齢出産といって
その中のリスクとして胎児のダウン症率が高いことが言われている。
それをお腹の中にいる時に調べられるのが「羊水検査」。
でも、これっていまいち理解できない。
だって、検査して陽性となった場合、それでどうするの?って思う。

で、不妊治療を繰り返し、高齢で初めて授かった赤ちゃん。
羊水検査で陽性と言われ、出産することを考えさせられたが
生まれてきた子はダウン症ではなかった。ということがあったらしい。
羊水検査も検査結果が100%ではなく
そして、この羊水検査自体が人権問題になりかねなくなっているらしい。

この保母さん、ミッキーの国で起こった外国人による日本人幼児誘拐未遂事件から
アンパンマン限定グッズまで、結構ネタ持ち。母としてもかなりの先輩。
しかし、森英恵は不動産王ではない。

今日は、ご馳走様でした。
このお礼は上海で。

そして

今日、上海へと戻りました。
この1週間、公私共に非常に忙しく
家族でゆっくり会話をする間もなく帰っていきました。

土日にお会い出来た皆様、どうもありがとうございました。
あまりのハードスケジュールに加え、久しぶりのバスケで
ボロボロよれよれ気味の主人でしたが
皆様にお会いできたことを感謝しています

主人は出張で2,3ヶ月ごとに日本に帰って来ることがあるようです。
その時は、私と佳乃は上海でお留守番ですが

次回は、来週。
週末に家族3人で友人の結婚式に出席です。
そして、いよいよ私と佳乃も出発です。

帰宅

先ほど、無事に2ヶ月半ぶりの帰宅を果たしました。

10キロ減の宣言通り、お顔もちょっとしまった感じ。
しかし、腹はポッコリ。残念。

佳乃との感動の再会をビデオにおさめようと
佳乃はおばぁさまと待機、私はビデオカメラを持って駅までお迎えに。
パパと一緒に玄関に入ると
玄関でちっさなイスにちょこっと座っておままごとしていた。
居間から笑顔で走ってくる佳乃をパパが抱き上げる、
なんていうのを構想していたので、こっちがびっくらこいた。

どちらにしても、佳乃は嬉しそうにパパにかけより
ちょっと恥ずかしげに、チュゥ

始めのうちは緊張気味だったけど、すぐに本領発揮。
パパがなめた指を「やべっ。やべっ。」と
私に拭けと差し出してきた。

パパは女の子らしくなった佳乃に感激。
一週間、時間はそんなにないけれど、パパとたくさん遊んで欲しいわ。

ダダダーン

4月上旬に送った船便の荷物が無事に上海へ到着。

パパに、パソコンを使って早く佳乃とおしゃべりしてほしいと思い
パソコンの組み立てをお願いしていた。

彼は、はっきり言って、こういうことには弱い。
今まで、全ての組み立て+解体を私が行っていた。
説明書を読むのも嫌い、そして適当人間。
私は、結構な機械人間。こういうことは得意。
説明書を熟読するのも好き。「こんな機能もあったんだぁ」と得した気分になる。
二人、つり合っているのかもしれない。

ま、いろいろコードはあるけれど
見れば、どれがどこと繋がるかなんてすぐわかるし
問題はインターネット接続くらいかと思っていた。

日曜日の夜、主人から電話で
「パソコンが逝ったかもしれない。」チーン

日本と中国、電圧が違う。
パソコンを繋ぐにも変電器が必要。
今回、2種類の変電器を持って行っていた。
ひとつは、パソコンや携帯、オーディオ機器などの小電力用。
もうひとつは、ドライヤーなどの熱を発する物対応の大電力用。

まず、小電力用の変電器を使い、そこにタコアシ配線で
いくつかのコードを繋いでみたら、動いているが電力が足りない感じ。
そこで、大電力用の物に交換。
ボォンッ!
火花とともに変電器が爆発。ドリフの雷様状態。
にはならなかったけど、静電気も怖がる極度の電機嫌い。
「もう二度と触りたくない」と。

やはり、変電気を使ってのタコアシがいけなかったのか?
とにかくこちらとしては、どこまで大丈夫なのか、どこまでいってしまったのか
少しでも知りたい。
なんとか強引に確認してもらうと
箱(システム部分)は電源が入ることが判明。
しかし、モニターが無反応。

どうしたものか。

今、通っている母の会社。
こういうことの専門の方がいらっしゃる。
聞いてみると
「モニターだけなら他のメーカーでも繋げられるので大丈夫。
 本体に電源が入ってもシステムが作動しないこともありえる。
 ハードディスクに入っているデーターは簡単に他のパソコンに移せる。」
という、大変頼りになる回答を頂いた。

モニターが直ったとしても、電圧のことを考えると
これからも使っていくことが心配。
修理代だって、モニターだけの単品買いだっていくらかかるかわからない。
日本のパソコンを海外で使っているとおかしくなるのが早い、
と友人に聞いたことがある。
むこうで安いのを買ったほうがいいかもしれない。

もともと、「日本に戻ってくる時には新しいものにしてもいいね。」と
壊れることを覚悟で持って行ったもの。
こんなに早く壊れてしまうとは残念だが、あきらめ時かもしれない。

惨事

12日の午後、中国・四川省でマグニチュード7,8の大地震が起きた。

この震源地、中国の南西部のかなりチベット寄り。
そこには、ジャイアントパンダの保護区がある。
パンパン達は大丈夫だろうか。
これでは新しいパンダを日本にお迎えできなくなってしまう。

上海からだと東に2000キロちょっと、北海道から鹿児島くらいまでもある。
それでも、上海も揺れたらしい。震度2を観測。

キムチの国も地震が無く、超高層ビルがあれだけあるのだから
中国も揺れないと勝手に思っていた。
しかし、あの国、世界有数の地震国らしい

上海や北京がある沿岸部はほとんど揺れないらしいが皆無ではない。
それなのに、よくあんなに高いビルを建てるもんだ。
今建設中の森ビルなんて108階よ!
ちなみにこれ、本当に『上海ヒルズ』って呼ばれるらしい。
ビルの耐震が不十分って
姉歯さんにでも心をいれかえてもらって設計しなおしてもらったほうがまだましかしら。

家もたしか35階建てくらい。山下家のお部屋は3階。
確かに上層のほうが景色が抜群で
いかにも駐在員の妻っていうプチセレブ気分を味わえそうなお部屋だったけど
万が一の時に、佳乃を抱いて30階も駆け下りる自身は無いわ。

ちなみに旦那様。
外出中で地震には気が付かなかったそう。
確かに震度2じゃ、日本人にはトラックが前を通った程度。

でも、上海の街中じゃ、ビルから非難しようとした人達でごった返し
道中に人があふれたらしい。
中国人には「あせらず、しゃべらず、押しあわず」?みたいなのも
わかんないだろうなぁ。

そして、先週の上海でのバス火災。
旦那様も何も言ってなかったし、あったことを知っていたくらい。
数名の方に「大丈夫だったの?」と心配していただき
ろくな返事も出来なかったので調べてみた。

不動産探しで、メインの街中はいろいろと見たけれど
火災があった場所は聞いたこともないし
たぶんちょっと外れたところだと推測。
テロではないらしいので、ちょっと安心。
たぶん路線バスには乗らないだろうなぁ。

千葉でも最近地震が多いですね。
みなさん、火の元には十分気をつけましょうね。


出張

以前にも、ちょっとお知らせした主人の初帰国。
どうやら決定したようです。

今週の木曜日15日に帰国。
その日はそのまま本社へ。金曜日も夜までいろいろとお付き合いがあるらしい。
上海に戻るのは次の週の水曜日。

土日はお休みだけど、夜はに行きたいし
日曜日は、主人のいとこのサオリちゃんの晴れ舞台を観に
いとこ家+山下家総出でマリンスタジアムに行くし
残念ながら、ゆっくりお友達と語り合う時間は持てなさそうなので
みなさん、体育館で会いましょう。

大好物

「大好物」と言うと、
主人が「好物って。あまり言わないよね。」とバカにするのだけど、おかしい?

唐芋

フェスティバロ 唐芋レアケーキ

このスイーツ、鹿児島のもの。
妹の旦那様のご実家が鹿児島。
今回、その旦那様が緊急手術+入院したため、お母様が上京。
その時に買ってきてくださったもの。

不謹慎だが、思いがけない出会いにかなり幸せ。

これ、鹿児島の唐芋(サツマイモ)でできたレアケーキ。
簡単にいうとスイートポテトみたいなものなんだけど、お口の中でとろけるのよぉ。
超スムゥースって感じ。
販売してる時は冷凍状態。
まだとけきる前の固めのアイスの状態で食べても良し、
ふんわり柔らかなケーキになるまで待っても良し。
内臓がやられちゃってる患者さんでも、離乳食でもOK。ほんと、オススメ。

私が知っている限りでは
羽田空港と鹿児島しか販売している場所をしらない。
そういわれると余計に、空港で買わなければならない感に襲われる。

昔、水色飛行機で羽田発のソウル便を乗務していた時に本当よく買った。
出発前に買って、ソウルのホテルで仲の良い子と壮絶な毒を吐きながら
唐芋に癒してもらったよ。

みなさん、是非、羽田空港にお越しの際には探してみてください。
羽田空港第1ターミナル BLUE SKY (JAL系ショップ)にあるよ

スプー

スプーというのは、NHK教育番組『おかあさんといっしょ』にでてくる
キャラクターのうちの1匹。

出てくるおにいさんとおねえさんは一代前の二人。
このおにいさん、とてもママ受けする顔だとは思うが
どうしても、その作り笑いの影に子供を愛していない本性が見えているようで
好きになれなかった。
でも、4月からの新しいおにいさんと比べると
やっぱり子供が好きなだけでは適正に欠けるということがわかった。

そして、おねえさん。ヅカ(宝塚)出身らしい華やかな顔立ち。
歌も踊りも文句なし。
しかし、この完璧ともいえるおねえさんの弱点。
絵心がなかった。
スプーの絵かき歌

おにいさんはマジ笑いしちゃってるし。
私にはメチャウケだけど、これでは子供たちに夢は与えられない。

注意!

今日でゴールデンウィークも終わり。
今年はパパもいなかったし、これといって何も連休らしいことをしなかった。
今日は1月で90歳になった主人のおばぁちゃんに会いに行ってきた。
そこで、ちょっと話題になった話し。

飛行機の中でのお酒。

品揃えは十分。しかも飲み放題。
客層によっては居酒屋になることも少なくない。

でも、最近ではこれを有料化している会社も増えてきているみたい。
ま、これもいろいろ理由があるようで
飲み放題で泥酔者が出るのを防ぐため、なんていうけれど
価格競争の中、チケット代を安くして
機内食まで有料にしちゃう会社もあるくらい。
サービスする方にしてみれば、こんなことでお金を勘定しなきゃいけないなんて
勘弁してほしい。

この間乗った米系の会社が有料だった。
ビール350ml缶おつまみつきで¥500!チーン
そりゃぁ、ここで¥450なんてしたらお会計が大変だけど
これなら「はい、よろこんでぇ!」と激冷えのジョッキに注がれたの方が
よっぽどウマイ。

で、義母さんから「酔っ払いとかたくさんいるの?」
います、います。

訓練では、酔っ払いに限らないけれど
拘束の仕方や、さっと使える簡易手錠の使い方なんていうのを学ぶ。
私はこういったお客様には遭遇したことはないが
「こんなことがありました」なんていう話はよく聞いた。

昔、乗ってくるなりお酒臭くて挙動不審だった一人旅のおばさんの相手を
ロサンゼルスから延々としたことがある。
何を言っても「ふざけんじゃねっっっちゅうの」と大粒の爆弾をとばしながら大声を出し
体は大きく揺れちゃっていた。
私も泥酔の経験もあれば、酔っ払いの扱いにも慣れているつもり。
いつのまにか悲しい身寄り話になり、そのうちに寝てしまった。
到着の頃には別の意味で赤い顔でそそくさと降りていってしまった。
お礼の一言くらい頂きたかったわ。

「機内では気圧の関係でアルコールがまわりやすくなっております。
 お酒はいつもより控えめになさることをお勧めいたします。」よ

残念

昨日はの大会でした。

今回も優勝して「3連覇」の日記を書きたかったのですが
男女ともに敗退。
男子は優勝奪回、女子は3連覇を逃してしまいました。

女子は正直、完敗かな。
今回はチームのいいところが全然でないまま終わってしまいました。
相手はいつも決勝であたるチームでしたが
今回から新人が加入。
しかも最近まで現役高校生、バスケの名門校出身の子達でした。
若い子はずるいよなぁ。その子達が歳をとって衰えるのを待つか。

ま、毎回優勝じゃつまらないから、と強がっておきます。
次回からはベンチから見方を激励するヤジも飛ばせませんが
上海で優勝の連絡を待ちたいと思います。

男子はなんと準決勝で終了間際の逆転負け。
途中、乱闘になるか、という超緊迫ゲームの末
相手チームのスターにミラクルシュートを決められ負けてしまいました。

いつも応援に来てくれるTAROくん、KIKUちゃん、昨日も先週もありがとう。
せっかく来てくれたのに負け試合になってしまって残念です。
今度から、ヤジ将軍の地位をお譲りします

接戦が多い我がチーム。
いつも、主婦が普段味わえないスリルを感じながら応援をしていて楽しかったです。
これも、今回で見納め。
優勝祝賀ビールかけも延期になってしまいました。
帰ってきても、またみんなと騒げるのを本当に楽しみにしています。

がんばれmit+WARRIORS
mit
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。