スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静安寺事件

主人のご両親達が滞在中、実は事件が起こった。

買い物、食事を終え、雑技を観に行く前に
買ったお土産を置きに家に寄ることにした。

大人6人+子供2人。タクシーは2台必要。
主人と私は別々の車に乗って、それぞれ家に寄ってから劇場に行こうと分かれた。

私は、お父さんと弟さんと3人で乗車。
つたない中国語で、
まず家の場所に行ってから、少し待っててもらって、その後に劇場に行きたい、と説明。
難しいことは言えないので、とにかくゼスチャー付きで説明。わかってくれた感じ。

家に先に着いたのは私のタクシー。お父さんと弟さんを残し荷物を持って部屋へ。
後からパパも荷物を持って上がってきた。
二人で戻ってみると、タクシーが1台しかいない!チーン。
お母さんと義妹さん、子供達を乗せたタクシーがいない!
言葉もわからない。携帯も無い。行く場所も知らない。
とにかくわかっていることは、パパが乗った時に
家の後に「静安寺」という場所に行く、と告げた、ということだけ。

雨も降り始め、夜になり気温も下がっていた。
何もわからないし、ちびっ子二人と一緒。
とにかく私たちの乗ってきたタクシーに乗り込み、静安寺へ向かってもらった。
静安寺はその名の通りお寺で、さほど大きいものではない。
降ろされるとしたら、大体の見当はつく。隣には大きな百貨店もあって人通りも多い。
危険な場所ではない、ということは安心だった。

私なら、そのまま連れて行かれた場所で降りて、助けが来るのを待つかも。
しかし、パパとお父さんが、家に戻ったんじゃないか、と。
静安寺に到着し探してみると、それらしき人がいない。
パパ一人、家に戻る、と再びタクシーに乗った途端、私の携帯が鳴った。
市内の固定電話からの着信。とにかく出てみた。義妹さんからの電話だった!

タクシーの中で、「バック!」「ターン!」を繰り返し、大騒ぎをして
なんとか家に戻ることを理解してもらえた。
マンションの入り口の警備さんが日本語のわかるスタッフのいる受付に案内、
そこから私の携帯へ電話してもらった。ということだった。
よかったよぉ。

私からパパに連絡、劇場で合流することになった。
私たちは静安寺から少し歩いて劇場へ。
雨も降っているし、土曜の夜。道が混んでいたので他の皆は遅れるだろうとは
思ったけれど、ちょっと待たされて到着。

ほっとひと安心したのに、「乗ってたタクシーが事故にあって」と。
コツン、くらいだったらしいのだが、乗っていたタクシーが前の車に接触。
その車の女性がすごい剣幕で降りてきて言い合いになったらしい。
大したことがなかったからか、とりあえずそのまま話し合いは終了したが
それで時間がかかったらしい。
みんなに怪我は無い。子供達は長い移動中にぐっすりzzz

雑技鑑賞は途中からになってしまったけれど
それ以上に、すごい旅の思い出が出来た。

パパと私で「ジンアンスー(静安寺)」という言葉を繰り返していた為
弟さんがこれを「静安寺事件」と命名。忘れられない名前になった。
スポンサーサイト

お客様

先週の金曜日から、主人のご家族が上海に遊びに来てくださっていた。
ご両親と弟さん夫婦+1歳の娘の計5名。

私たちが上海に来てから、初めての日本からのお客様。
上海、特に観る物はないけれど、今は上海蟹のベストシーズン。
ちょっと寒いけれど、いい時期だったかな。

せっかくなので、車を運転手付きで1日借りて、蘇州まで行ってみた。
車で1時間半くらい。私も上海から出るのは初めて。
特に下調べもしなかった私たちは、運転手さんのお勧めで数箇所の観光地を巡り
ところどころの屋台で、焼き芋やちまき、肉の串焼きなどを食べ歩き。
街はあちらこちらに水路が流れ、
高層ビルもなく、随所にちょっとした古い中国さが残っていて素敵だった。

夜には、中国雑技を鑑賞。
雑技にも、いかにも的な物から、幻想的なサーカス風の物まで
いろいろと種類があって、値段もピンキリ。
今回は、ちびっ子達もいたので、わかりやすくノリ?テンポ?のよいものに。
しかし、残念ながらその2人は公演中爆睡zzz
出演者の衣装やパフォーマンスの芸術センスには中国さが満載で
それなりにハラハラドキドキもあって楽しかった。

日曜日は、上海市内をふらふらしようと思っていたのに生憎の雨。
上海のシンボルともいえる超高層ビル、
その中でも現在、世界で一番高いところに展望台があるビル通称「森ビル」。
世界一のうちに上ってみようということに。しかし、悪天候の為、視界ゼロ。
展望台が100階にあって、長さ50数メートルにもわたる透明な床があったが
恐怖体験はオアズケ。
森ビルトイレ
こちら、94階のおトイレ。むこう側は壁ではなく窓。
お天気が良ければさぞかし開放感があると思われます。

お食事には、世界的に評価の高い中華料理(台湾系)「鼎泰豊」へ。
大人数で円卓を囲んで食べる中華はとても美味しかった。
今が旬の上海蟹を使った豆腐料理(辛くない麻婆豆腐みたいな感じ)や
冷えた体に最高の酸辣湯、点心も小籠包などなど、
たくさんの種類のお料理を少しずつ、贅沢食べをした。

お買い物には、日本では並ばなきゃ入れないというH&Mへ。
でも、弟さん夫婦にはあまりピンとこなかったようで
多分、日本と中国では置いている物が違うのだろうという結果に。

帰りは、時速400キロを超すリニアモーターカーで空港へ。
この日は431キロを記録。50キロの距離をたった5分で到着。
せっかく400k/hも出すなら、北京までとか、もっと長距離を走ればいいのに。

この4日間、佳乃の楽しそうな姿を見て、わざわざ来てくださった家族に感謝。
さらに生意気なおしゃべりが上達した感じ。
空港でバイバイできるか心配だったが、ごまかしてもばれてしまいそうだったので
みんなをしっかりお見送り。
泣きはせずに、じっと無言でこらえていた感じ。
帰り道では、「みんなで○○したねぇ」と次から次へと思い出話が。
佳乃ちゃん、おねぇさんになったなぁ。

今日からはいつも通りの生活に。
朝のバスは、ニコニコで乗っていきました。

成長

月曜日から始まった幼稚園。
まだ3日しか行っていないけど、佳乃さまさっそく成長の兆し。

2日目の朝、初めてバスで登園の時は、バスの中のアイさん(お世話係)にあずけると
堪えていたものがはちきれるように我慢泣きをしはじめ
そっと影から様子を見ていると、大きなバス(普通の幼稚園バスサイズだけど)に
ちょこんと座り、窓から首から上だけ見える姿が
なんとも切なくて目に焼きついてしまった。

そして、バス登園2回目の朝、笑顔はなかったけれど、泣くこともなく静かに出発。
我慢してたんだろうな。でも、エライ!
帰ってくると、ママを見つけ笑顔で抱きついてくれる。
毎回、ご報告までしてくれる。

昨日は、第一声、「おしっこしたよ」と。
出たか出ないかは不明だが、お友達にならって、一緒におトイレに行ったらしい。
連絡帳にもそんなことが書かれていた。
こうやって、自分からおトイレに行くようになってくれるのは非常にいいこと。
お母さん、嬉しいわ。

そして、家に帰ってきて、まず手洗いとうがい。
「手を洗うよぉ」というと、自分で洋服の袖をまくってきた!
お友達のを見て覚えたのかしら。ママ、教えたことはない。いつもやってあげていた。

子供の吸収力ってすごいわ。
そのうち、わからない中国語を話し出すんだろうなぁ。

発熱

佳乃さま、昨晩から熱が。

夕飯には、好物のハンバーグを作ったにもかかわらず食が進まなかった。
どうやら、体調が悪かったらしい。

寝る前に少し体が熱いな、と思い、熱を測ってみると37℃ちょっと。
若干、呼吸が速く脈も多い。ちょっと心配。

こういう時は、不思議と夜中に目が覚める。娘を心配する母心かしら。
3時頃、様子をみると熱が上がっていた。38.7℃。
私の中では39℃がボーダーライン。
それを超えたら医者に行こうと決めている。

とにかく、ぐっすり寝ているし、保冷剤のようなもので脇の下を冷やし
朝まで様子を見ることに。

結局、朝まで37℃~38℃あたりをさまよい、幼稚園は欠席。
食欲が戻り、よくおしゃべりもするので、病院は保留。

頑張って幼稚園に行ったための知恵熱?みたいなものか。
環境がいきなり変わったので、疲れたのだろう。

とにかく今日は寒い。晴天なのだが風が強く、今年一番の冷え込みって感じ。
初めて暖房もつけた。
最高にダサいが、佳乃さまラブ「全身アンパンマン」で身を包んでみた。

今週末には日本からお客様も来るし、とにかく今は安静。
私も気をつけようっと。

初登園

佳乃さま、本日幼稚園デビューしました。

幼稚園といえども、かわいいお洋服を着て入園式に出席、入り口で記念撮影
なんていうのを想像していたから
汚れてもいいどうでもいい服に、鞄の代わりの巾着を持って登園じゃ
なんだかいまいち気分が出なかった。

朝一で、支払などのもろもろの手続きをして
いざ、教室へ。

今朝は、私と一緒にタクシーで登園。
車の中で寝てしまい、寝起きだったのもあったので
「お家に帰るぅ。あぼじょ(遊ぼ)しないぃ。」の連発。
しゃがんでなだめようとすると、抱きつかれ、そのまま二人でコロン。押し倒される始末。
先生に抱き上げられて、お部屋の奥に連れて行かれたうちにサクッと退散。

しばらく物陰からみていると、先生のお膝でヒクヒクしながら泣いていたが
音楽がなり始まると止まり、また泣き始めたり、の繰り返し。
他の子達は、大泣きをしている佳乃を口をあけたまま呆然。
すぐに慣れてくれることを願いつつ独り帰宅。

お昼の頃に英語を話す先生から連絡が行きます、という話しだったが
携帯にメールが一通。ダダァン。中国語。
私的解釈は
「朝はしばらく泣きましたが、元気になりました。
 今はよく寝ています。安心してください。」
とのメッセージ。ほっと、一安心。

いきなり独りになってしまうとなんだかすることもなく
どんな顔をして帰ってくるかが待ち遠しかった。

ほぼ時間通りに幼稚園バス到着。
まず、第一声「かのちゃん、泣いちゃったの」とご報告。
でも、先生のところでたくさん遊んで、ネンネもした。楽しかった。とのこと。

新しくもらった鞄には、先生からのコメントつき連絡帳が。
ダダダァァン。全て中国語。しかも、超達筆。
今晩は、辞書を片手に読解と、こちらからのコメントを書かなければ。
これも、勉強勉強。

明日は家の前でお見送り。
ちゃんとバスに乗れるかなぁ。

でんぐりがえし

以前、テレビでこんなことものを見たことがある。

「最近の子供達は外で遊ばなくなってきていて、運動機能が低下している。
 でんぐりがえしなどが出来ない。」

佳乃も、どちらかと言うと室内派な気がする。
「お勉強する」と本を読んだり、お絵かきをしたり、
もちろん毎日アンパンマンvsバイキンマンの戦いも見逃さない

上海に来て、公園での遊具遊びがなくなり、
週に1度の体育館はあるが、
日本にいた頃のようにお友達とかけまわったりすることがないので物足りないはず。
運動音痴にはなってほしくない。

走り方もなんだかクネクネで、ちっとも速そうじゃない。
手の振り方を教えると、体の前で「いーとーまきまき」状態。
最近はなぜかあごを引き、上目使いで走っている。
全くセンスがなさそうだ。

ところが最近、偶然、ベットの上で一回転!でんぐりがえしが出来た!
それからというもの、でんぐりがえしが日課に。
食後でもお構いなく、ごろんごろんしている。

これだけで運動能力は決められないが
第一関門突破というところかな。

インフルエンザ

主人の会社から健康診断とインフルエンザの予防接種をするようにとお達しがきた。
もちろん強制ではないけれど、
「やばい結果が出たら困る」と健康診断を無視してきた旦那様も
今回は受ける気になったらしい。
注射はキライ。子供の頃は逃げ回るのをお母さんが追いかけ、
イヤだと大騒ぎしながら注射を受けていたほど、だとか。
でも、中国でインフルエンザになる方がイヤだ。

佳乃も幼稚園の入園手続きに健康診断書が必要だったので調度よいタイミングで
私も妊婦で受けられる限りの検査を受けておくことにした。

妊婦もある程度の月齢になっていればインフルエンザの接種が可能で
佳乃さまもこれからお外で何の病気をもらってくるかわからないので
みんなそろって健康診断と予防接種を受けに行くことになった。

面白いのは、パパの会社の話し。
どうやら、中国人、いろんな意味で注射を受けたくない人が多いらしく
会社としては受けさせる為に名簿付きの回覧を作成。
受けられない人は理由を記入しなければならない。
そこには、「体調が悪い」「体に合わない」などの正当っぽい理由の他に
「怠る」と日本語で記入したヤツも。
それで通ってしまうこの会社もどうなのか、とパパが心配していた。

決定

昨日は、佳乃さまの幼稚園見学に行ってきました。
バスケ仲間のお嬢さんの通う中国系バイリンガルスクール。

今まで見た中で幼稚園の施設としては一番充実している感じ。
園庭も広く遊具も豊富、雨の日でもしっかり遊べるように室内の遊び場も充実。
図書館、お絵かき室、ピアノのお部屋、映画館なんていうのもあった。

バイリンガルスクールということで、中国語班と国際班があるのだが、これは3歳から。
佳乃さまは中国式に数えて2歳クラス(新年度が9月開始なので
2005年9月生から2006年8月生までの子が同級生)なので基本的に中国語のみかな。

佳乃学年には3クラスあって、1クラス15人くらいのうち数名の日本人や西洋人の子達が
中国人にまじっている感じ。先生は中国人2人+子供のお世話係りのおばちゃん1人。
このお世話係のおばちゃん、中国語で「アイ」さんというが
身の回りのお世話や、ご飯のお手伝い、スクールバスにも乗ってくれたりして
先生の手の届かないところを面倒見てくれる重要人物。

学費を聞いてみると、日系幼稚園の半額以下。
そして、お友達紹介価格ということで1割引してくれた。学費割引ってあり?
さすが人脈の国、中国。
個人的に準備しなければいけないものもなく、ほとんど園指定のもの。
しかし、ユニフォームや鞄もあるけど、まったくセンスはない。
ま、遠慮なく汚してもらえるのでそれもOKかな。

なんだかんだ比較して考えても
第一条件の、スクールバスが家の前まで来て給食付、をクリアしているし、設備も◎。
合わなければ、すぐに辞められるほどリーズナブル。
日系やインター系だと、入学金だけで数万から数十万円も
払わなければならないが、ここはゼロ。

中国系だと私が幼稚園とコミュニケーションをとれるか、というのも問題だったが
英語を話すスタッフもいるし、
この日は、バスケ仲間のママ友達で中国語を話す方も一緒で紹介してもらった。
同じマンションにもこの幼稚園に通う方もいるし
周りにそういう方がいてくれると非常に心強い。

ということで、即申し込み。
来週月曜日から通ってもらうことにしました。
朝は8時にピックアップ、帰りは16時頃。
初めのうちは毎日は辛いかもしれないなぁ、とちょっと心配。
ま、楽しければ通うのも嬉しいはず。
早く慣れるのを期待。

オナチュウ

お茶会に参加してからというもの、奥様達とのお付き合いが増えた。
幼稚園バスのお迎えの時間になるとマンション入り口がリトルジャパンと化し
お買い物の帰りなんかに遭遇してしまうと、お付き合いトーク開始。
ま、その間、佳乃さまはお友達と追いかけっこしたり、コミュニケーションをはかれるので
非常にいいんだけど。

最近の奥様達の話題は、今週末に上海で行われる「嵐(ジャニーズ)」のコンサート。
配られた何枚ものコピーは歌詞カード。
毎日、子供達送り出した後に集合し、振り付けの練習までしているらしい。
耳をダンボにして話を聞いていると、
どうやら、ファンクラブも羨む特等席がとれた模様。

相当な盛り上がりの中、私には入れない領域なので行かない組で座談会。
「私、千葉なんですけど」なんて話しをしたら
「へぇ、私、実家が四街道なんです」って!!
四西卒と言うと、なんと同じ。
まさか、と思い、年齢を聞くと「30になりました」って
恐る恐る妹の名前をあげると「あー、似てますねぇ」。ちーん。妹の同級生だった。
上海にまで来て妹ネタで盛り上がるなんて。
世の中狭いのぉ。

そんな話しをしていると、遠くから泣き声が。
我が子だった。
佳乃さま、5歳のお兄ちゃん達の後をくっついて遊んでいた。
通せんぼをされたり、服を引っ張られたり、ちょっとしたイジワルをされていたが
子供同士の遊びの中だし、少しくらい、と思って放っておいたが限界がきたらしい。
どうやら見てない間に、押されたか何かで転んだ模様。
服はドロドロ、口の中が切れていた。私もしっかり見ていなかったし仕方ない。
お兄ちゃんもさすがに反省、ちゃんと謝ってくれた。
確かに、「こらぁ!」と思う母心もなかったわけではないが、修行、修行。
ただ、2歳とは思われない体の大きさの為、むこうも容赦ない。
怪我はしない程度に鍛えられてほしい。
パパにこの話しをすると、「オレがいたらそんなガキンチョひっぱたいてやる」って。

佳乃さまには、泣かされたらお友達は泣かさない子に育ってほしいなぁ。

今日で雨も5日目。
洗濯物が乾かなくて困る。

先週まで半袖一枚で過ごしていたのに、一気に寒くなってきた。
上海の秋、ほとんどないとは聞いていたけど、
街では半袖からいきなりコート着用になっている。

夏に船便で送った冬服はまだダンボールに入ったまま。
そろそろ衣替えをしなければ。

今年は妊婦なので、着る物はほとんど3年前の妊婦服。
3年前に実感したことは、ロングブーツはお腹が邪魔で、独りでは脱げないということ。
なので、今年は自分で着脱できるブーツをお目当てにしていた。

日本では売切れていて見つけるのが困難な、あるブーツ。
上海では、単純に売られていなくて見つけられない。
ところが、家の目の前の寂れたショッピングモールの中で思わぬ出会い。
シープスキンを使ったオーストラリアのブーツ。
オーストラリアに飛んでいた頃には興味もなかったのに。
でも、これアジア式「本物の偽物」だと思われる。

世界中の有名ブランドの服でも、よく見ると「Made in China」であることが多い。
中国国内で生産し、合格した物は正規店舗へ。
そして、大量生産しすぎた物、検品ではじかれた物などが
横流しされ国内で販売されているという。

お店の人はそのブーツを「本物」と言っていたので
横流し品の可能性はあるが、信用ならない。
ただ、長年靴とお付き合いしているご主人様が「皮は本物だと思う」と言うので
ま、安いし(4000円也)、上海で履けばすぐ汚くなるし、いいか、ということで購入。
カッチャ物(コリ語で偽物)には慣れている。今年1年で成仏してもらおう。

最近、上海ではあまり見られない「adidos」や「MIKE」などの「やっちゃった商品」。
田舎の方に行くとまだまだ溢れているらしい。
D&G、といえば、Dolce & Gabbana。中国では、Daniel & Georgeである。
その他、どの国でもカタカナ表記はかなりの難解だが
パパがレストランで見つけた「ホソドグーキ」、なんだと思う?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。