スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ

日本に帰ってきてからもうすぐ2週間。

ちびっ子2人連れにもかかわらず、外出しまくり。
みなさんにたくさん助けてもらい、甘えさせてもらいながら
楽しい時間を過ごし、日本満喫中。

そんな中、今日、珍しく昼間にパパから電話があった。

とうとう、中国国内で新型インフルエンザの感染者を確認。
危険度がある規定を超えた場合、駐在員の家族(だけ)を日本に帰す
というお達しが会社から出た。

今回、感染者が出たのは、ちょうど1年前に震災に見舞われた四川省。
アメリカ本土から成田を経由して北京へ、その後国内線で四川省の成都に到着。
北京から成都の間で発熱、咳などの症状が出たらしい。

成田から北京の同じ便に搭乗し、中国国内に入った日本人は
大使館が所在を探して、状況を確認しているとのこと。

今日はたまたま空中勤務時代の先輩と同期に会っていた。
ぶっちゃけ、中国本土、“確認された”のが初めて。
把握されていなかったり、表に出ていないだけ、っていうのがみんなの意見。
空港では健康状態の申告や体温チェックのせいで入国するのに1時間はかかり
機内も消毒などの作業で大変な事になっているらしい。

インフルエンザといえば、寒い風邪の季節。というイメージ。
既に気温が30度を超えている上海でも、流行る可能性は大きいのかしら。
んー、帰るのが恐ろしくなってきた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。