スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Merry Christmas!

火曜日に佳乃さまの幼稚園でクリスマス会があった。

本来なら、市内の大きなホールを貸し切って
全学年各クラスのお遊戯のお披露目があるのだけれど
今年はインフルエンザの影響もあって
園内の各教室で参観形式。

中国語と英語の歌に合わせて
いくつかの出し物を披露してくれた。
[高画質で再生]

i wish you a merry christmas!
申し訳ない、途中から縦向きになってた。

そして、いきなり日本語の曲が。
[高画質で再生]

おならの歌
おなら体操?
「ドレミファプププ♪♪♪なんだか出そう♪もうすぐ出そう♪♪♪
さぁ、みんなでそらいくぞぉ♪ブー♪」
これ、あり?でも、子供たちはもちろん、たぶん先生方も歌詞を理解していないと思う。
ま、いっか。みんなが楽しいなら。

ちなみに、なんちゃってブルース・リーは幼稚園からの指示。
みんな普段着だった。だだぁーん。

今回は佳乃さまも随分楽しそうにしていて安心した。
このまま、このクラスでやっていけそう。
スポンサーサイト

ウン

私の四つ年下の妹、通称ロボ(最近サビ気味)。

年末ジャンボを買ったらしい。
すると、その直後、空からウンが降ってきた。
しかも、頭に。
しかも、人生で2回目。
おもしろすぎる。

ヤツ、昔からくじ運もいい。
小さい頃に商店街のくじ引きで3等くらいを当て
大人になってからは
友人の結婚式の2次会で、ディズニーリゾートペアチケットをもらうこと2回。
DVDプレーヤーやその他いろいろ。
お姉ちゃんはそんなもの当たったことがない。

お姉ちゃんは悟った。何かが当たる。
3億円当たったら1千万くれ、と言ったら
当たったらね、と簡単に承諾してくれたので2千万に上げておいた。

当選っていつ?

喪中

今年も残るところ1週間程となりました。
ちょっと遅くなりましたが

喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます
今年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に
明年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます
なお時節柄一層ご自愛くださいませ

山下家

中国流

さくらサマの子育てはアイとの日中合同。
佳乃のときもそんなに育児書をマニュアルにするようなことはなかったけれど
さくらサマの子育ては基本的に経験と雰囲気でこなしている感じ。

私が適当にしているとアイがパンチを入れてくれる。
中国じゃ一人っ子政策もあり子育てはあまあま。

私的には薄着をさせているつもりはないけれど
アイが来るとさくらの着ているものが増える。
ファッション的なものはもちろん関係なし。
最近買った裏起毛になっている太めシルエットのあたたかパンツ。
日式

アイに言わせりゃ「これじゃ風が入ってスースーして寒い」と。

中式
ダダァーン。
「シャツin」は当たり前、ズボンの裾は「クツシタin」が常識。
これでさくらサマも中国人に見えてくる。

ウンチが硬くてなかなかオムツの中にすることが出来ないさくらサマ。
したくなると「んう゛ー」と顔を真っ赤にして頑張るので
その合図と共にアイがオムツを脱がしオマルへ。
生後7ヶ月頃からオマルでウンチ。
オムツ外れも早いかも。

最近、「ばぁばぁばぁばぁ・・・」や「あいあいあいあい・・・」と言うようになってきた。
中国語でママは「ママ」、パパは「ババ」。そして「アイ」。
「ママ」よりも「アイ」を先に覚えそうな気配。
日本語より先に中国語話しちゃうかもなぁ。

寝言

うちの旦那様、寝言がすごい。

寝ながら商談、
「それは工場に聞いてみないと、、、」
夢の中でも低姿勢。

寝ながらバスケ、
「ケンケン、チェーック!」
昼間のバスケで3Pを決めまくっていた仲間にシュートチェック。
その後で目が覚めたのでこの事を言うと
「話を作るなよぉ。バスケをしてる夢なんてみてない。
オレは血を流したオバケに追いかけられてて怖い思いをしていたんだから」と。
私が腰を抜かして逃げられなくなったところで夢は終わったらしい。
ちゃんと助けてくれ。

私も夢の中でバスケをしていたことがある。
高校生の時、腕を枕に顔を伏せて寝ていた。
夢の中で3Pを打ってしまった。
しっかりと体が反応。手足が伸びてしまい、机と椅子が「ガタン!!」とすごい音。
休み時間でよかった。

日本的CD

こっちのDVD屋さんに行くと
日本で上映前の洋画や
シリーズが終わったばかりのドラマなどが
日本でレンタルするよりも格安の値段で販売されている。

CDもある。
ふと見ていると

「放浪兄弟」=EXILE
ま、分からないでもないかな。

青山テルマ代表曲「そばにいるれ」。ぷっ。
ま、なんとなく気持ちはわかる。

GReeeeN。なんだかいい歌を歌っているようなので聞いてみたい。
アルバム「さしぶ」。これって間違ってる?実在する?
信用ならないので止めた。
どうやら正しかったらしい。

以前買ったサザンの2枚組みCD。
まず1曲目「Last Christmas」。
「Last Christmas I gave you my heart~♪」
Wham!の「Last Christmas」だ。チーン。
しかも、この声、誰?
サザンにもクリスマスの歌があったような気がした。
それだと思っていたけど、それ「Last Christmas」じゃないかも。やっちまった。
そして、一番聞きたかった曲。聞けない。
その他はきちんと桑田さんが歌っていたけれど
買った意味あまり無し。

コブクロの2枚組みCD。
「ここにしか咲かない」(正しくは「ここにしか咲かない花」)
「KokonishikaSakanaiHana」
「只在○里盛開的花」(○は「ここ」の意味の漢字1文字)
上記3曲、全て同じ曲。しかも一つはいきなり2番から始まっていた。
あきれる。

旦那様曰く、これらも万博が開催される頃には
国家の監視が厳しくなり、お目にかかれなくなるかもしれない。
プレミア物かも。

太太

中国語で奥様のことを「太太(タイタイ)」という。

最近、ご近所での太太付き合いが増えてきた。

この間、佳乃のクラスメイトEmmaちゃんのママのお誘いで
お家にお邪魔してきた。
まだ、朝のお見送りでぐずることもある子供たちの仲を縮めて
幼稚園に慣れさせよう、という目的もあった。

私たちの他に、同じ棟に住むシンガポール人一家
佳乃の一つ上のSharlotte、ママJane、弟Brydonも一緒。
Janeはとても親切でかわいらしいママ。
困ったことは何でも聞いている。

我が家以外はふつーに中国語と英語の中で生活。
そんな中、佳乃は一人ごり押しで日本語でみんなに話しかけている。
きっと幼稚園でもそうなんだろうな。

子供たちは子供同士、ママたちはママトークで盛り上がる中、
Emmaのママが日本の漫画や小説が好き、と言い出した。
子供の頃よく見たという「一休さん」、
中国でも主題歌は「好き好き好き好き好きっ好き♪」のリズムだった。
そして、好きな小説家「度辺淳一」。知らない。
こうやって書いてみると「渡辺」に見える。
ヒット!「失楽園」の作者が「渡辺淳一」だ。
それから「女人四十」。たぶん「アラフォー」のことだと思われる。
結構知ってるのね。

今度は我が家にも来てもらって、アンパンマンを浸透させなきゃ。

そして、昨日はうちのアイを紹介してくれた太太さんのお誘いで
ご近所に住む日本人太太さんたちとのランチに行ってきた。
6人中、ダンナも日本人なのは私以外に一人。結構、国際結婚多いのね。
中国人の旦那を持つ太太の会、なんつうのがあって
2ヵ月に一回くらい集まってお食事したりするんだって。
「中国人の男ってさぁ」みたいな話しで盛り上がってるんだろうな。

その中の日本人の旦那様をもつ太太さん。
同じ棟に住んでいて、何度か立ち話はしたことがあったけれど
ゆっくりお話ししたのは始めて。
なんか親近感があるなぁと思っていたら私の地元四街道のお隣佐倉出身だった。
同じにおいがしたのかしら。

上海暦10年から先月来たという方までいて
上海での子育て話から、出身が佐渡でジェンキンスさんを見たことがあるとか
そんな話しまでして楽しかった。

私の上海生活ももう残り1年ちょっと(の予定)。
今さらだけど、何かを始めたくなるいい刺激になった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。