スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京葉内科

先日、さくらが夜中に発熱。
救急に行こうか迷ったけれど
結局次の日にはすっかり熱も下がった。

ただ、子供の熱は夜になるとまた上がるので
万が一の時の為に病院に行って解熱剤をもらう事にした。

いつもの小児科は木曜日で休診。
市の保健センターに問い合わせると
一軒の病院を紹介してくれた。

古い平屋の民家ような病院。「Dr.コトー」な感じ。
入ると他に患者さんはなく、スリッパを履いている最中に
カウンターに付いた高さ30センチくらいのすりガラスの引き戸が開き
おばあちゃん看護婦さんが
「保険証とかほら、あれ、出して」と。
海外に住んでいるので受給券が無いことを伝えると
「どちら?台湾とか?」ニアピン。
「あんたさんは日本人で、旦那さんはあちらさんかい?」ブッブー。
「どうなんだい。食べ物とかたいへんだろう。」
「上海ならまだ住みやすいのかねぇ。」
質問が止まらない。

呼ばれて診察室に入ると、厚めの眼鏡をかけたおじいちゃん先生。
山下風に言わせれば、この病院まるでドリフのコントの志村けんと研ナオコ。
「どうしました?」の質問に
昨夜発熱して、今は36.6℃くらいまで下がったけれど
夜中にまた熱が上がると困るので解熱剤が欲しい、と言うと
「えっ?35.6℃」それじゃ低すぎる。おじいちゃん先生も驚き気味。
ちょっと耳が遠いようなのでちょっと大きめに言い直すも
「36.5℃?」と言うので、ま、さほど変わらないしいいかとうなずくと
壁の向こうから研さんが「36.6℃ですよ!」と訂正。
相当大声じゃないと聞こえないらしい。

胸の音を聞く、と聴診器を耳にあてたので
服を脱がそうとすると、そのままでいいと言う。
結構着込んでいると言ったけれど、構わないと。
4枚の服の上から聴診器を当て
「あー、心臓早いねぇ」
本当に聞こえてんのかよ。

病人が比較的元気な状態だったので
診察も穏やかに終了。
病院自体は古い建物だったけれど、院内は非常に清潔に保たれていた。
壁には
「   贈
 石橋タイル 」
と書かれた鏡が。「3丁目の夕日」風。
薬も院内処方で、研さんからは細かく長めの指示も頂き
全体的評価は良し。
こういう病院嫌いじゃないけど、救急時には遠慮したい。
スポンサーサイト

クリーンヒット

日本に帰ってきてすぐの頃
壁の角に足の小指をクリーンヒット。
いつもの痺れるような痛み、と言うより鈍痛だったけれど
あまりのいい当たり具合に固まった。

次の日に見ると青くなっていた。
ぶつけた直後に出血する事もあるので
ま、あれだけ思い切りがよければ青くもなるだろうと思っていた。

2,3週間が経ち、ふとした時にまだ痛みがあることに気がついた。
妹に話してみると、私の母も最近同じことをして
ぶつけた時に「バキッ」っと聞こえたので病院に行くと
「小指の骨はヒビがはいりやすいんですよ。
放っておくと骨折しますから気をつけてください」と言われたらしい。

さすがに2,3週間も痛みが続くと言う事は
ただの打撲では済まされないかも、と思っていた。

先日、元同期の結婚式に出席。
久しぶりにきちんとした格好をして準備をしていると
段を上がろうとしたその時、
足が大きく開かないタイトスカートにストッキングだった為、不自然な体勢に。
「ポキ」と聞こえた気がした。
痛み増。まずい。

近所の整形外科でレントゲン。
「あー、折れてますね」
人生初の骨折。
「授乳中は厳密に言うと湿布もダメです。
痛み止めの飲み薬も飲めないし、そのままで。」
チーン。治療無し。
「運動はしてもいいんですか?」と聞くと
逆に「この2,3週間の間はしていたんですか?痛みがなければいいですよ」と。
バスケしてました。

上海の家でもよくぶつけるんだよねぇ。
気をつけなきゃ。

会社更生法適用中

最近、飛行機はもっぱら赤い羽根。
マイルを貯めて、そして貯まったマイルを利用。そんな繰り返し。

今回も秋に行ったハワイのおかげで貯まったマイルで帰国。
株価が1円になっても、乗る分には変わらないと思っていた。

2歳以下の幼児は、座席が必要でなければ大人料金の10%の値段で乗る事ができる。
さくらサマの大きさならまだバシネットという壁に付いた組み立て式の
赤ちゃん用ベットのようなものが使えるので
毎回それが利用できる席をリクエストしている。

まず、搭乗すると担当の乗務員の方がやって来て
子供用のご飯の確認なんかと共に
「何かありましたらお気軽にお申し付け下さい」とお約束の台詞。

「赤ちゃんのバシネットですが」という言葉に「お願いします」と早々と答えると
「本日フライト時間が短いのでご利用になっても。」と言う。
聞くとフライトタイム2時間ちょっと。
確かにいつもよりは短いし、離着陸の時には利用できないので正味1時間ちょっと。
しかし、バシネットがないということはさくらサマは終始私の膝の上。

水色飛行機で日韓の間を飛んでいた時は
早いと1時間40分程度で到着してしまう時もあった。
だけど、フライトタイムが短いからバシネットを設置できませんなんて
言った事も考えた事もない。

しかし、忙しさも理解できるので了解してしまった。

バシネットに使うリネン類のクリーニング代節減?
乗務員のやる気の問題?

元グループ会社社員だっただけに破綻には残念な気持ち。
路線縮小の中、穴を埋めるかのように青い羽が便数を増やし
フラッグキャリアの肩書きまで譲ってしまいそう。
訓練時に「JALはお姉さん、ANAは妹みたいなもの」と
ANA出身者の前で超上から目線だったあのマネージャーさん。
どうしてるんだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。