スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩いた!

さくらサマ、1歳と12日、ようやく歩き始めました。
ようやくって言っても、
1歳2ヶ月を過ぎて歩き出した佳乃サマに比べれば早い。

何もつかまらずに立ったり座ったりするようになって
いつになったら一歩が出るのかと思っていた。

歩けもしないのに
こんなことや


こんなことも。

エンドレス。

この人も紐で繋いでおかないとどっか行っちゃいそうだなぁ。
スポンサーサイト

予防接種

子供の予防接種って結構面倒くさい。

しかも、中国と日本で受けなければいけないもの、受けたほうがいいものなど
若干の違いがある。

基本的に佳乃サマが受けてきたものを元に
さくらにも最低限同じものを、と思っていたが
中国にいると、受けなければならないものが多い。

B型肝炎。
私達大人も、渡航の前に受けさせられた。
さくらは生後24時間以内に打つことが決められていた。
佳乃は渡航前には要らないといわれたが
幼稚園のお友達などに聞くと、受けた人が多かったのでこちらで受けた。

ポリオ。
日本では2回の接種。
自治体が集団接種を行ってくれるので
一定の月齢になると市からお知らせが来た。
ところが中国では4回の接種を勧められている。
他の注射との兼ね合いを考えながら自分で受けに行くので非常に手間がかかる。

そして、最近日系クリニックのお医者様から勧められた予防接種。
「ヒブ」と「肺炎球菌」

どちらも細菌性髄膜炎を防ぐ為のもので
日本以外のほとんどの先進国では接種が当たり前になっているという。
日本では今のところ任意での接種、しかも1回数万円という高額な費用がかかるらしい。

日本にいる時には知る由もなかったけれど
お医者様曰く、日本はそういう面で非常に対応が遅れていると。
受けなければならない注射の種類も、接種費用の国の援助も。
海外で普通に使われている薬が日本で認められていないとか
臓器移植をするのに多くの人が海外に行ったり
代理母出産なんかも産まれた後の戸籍が問題になったり。
そんなことはニュースで聞いたことがある。

私は基本的に自然治癒派だし、
良いからと言ってなんでも体に入れるのは、と思ってしまう方。
でも、母国以外でおかしな菌に侵されたとしたら
防げる物を防ごうとしなかった事を非常に後悔するに違いないと思い
受けておくことにした。

1歳児検診でさくらサマが受けた注射の数、4本。
両二の腕、両腿に1本ずつ。
さくら、ゴメン。

佳乃にも受けさせたいのだが
平日は幼稚園だし、最近注射を怖がるようになってしまった。
小さい頃泣いた注射は、グリグリ押されたハンコ注射くらい。
悪いことをすると注射だよ!と、言うことをきかせていたのが仇になった。

私は小さい頃からおとなしく注射を受けていた方だと思う。
山下母曰く
パパは注射となると逃げ出し、いつも追い掛け回していた、と。
ここ数年、インフルエンザの予防接種をするようになったのは
大きな成長らしい。

ももち

2月に日本に帰っていたときに
地元のバスケに参加。

その時に「ももち」をくらった。

「ももち」とは
腿に膝があたり激痛がはしること。

私があまりの激痛に固まり
「あ゛ー、ももちぃー」と苦しみながら言うと
誰もが理解。したと思っていた。

そこで初めて知った。
「ももち」が標準語でないことを。

奈良出身の子を含む数名がそれを「ももかん」と言い、
石川出身の自称関西人は「ドクバリ(毒針?)」と言う。

思い出す度に、いろいろな友達に聞いてみた。
多くの意見は、
そんなシチュエーションになったことがないので、そんな言葉は使ったことがない。
だった。

誰が言い出したんだろう。

1歳

さくらサマ、今日でめでたく1歳になりました。

せっかくなので、1歳検診に行ってみた。

身長 75cm
体重 9.3kg
よく、大きいと言われるけれど、いたって標準。

1歳になる前に歩くと思っていたが
まだ、つたい歩き。
ハイハイは超高速。

歯は8本。
好き嫌いもなく、太らないのが不思議なくらいよく食べてくれる。

まだ母乳。
佳乃はちょうど1歳になった頃に自発的に拒否し卒乳。
さくらは今のところおっぱいへの執着心が非常に強い。
そろそろ諦めてもらわねば。

佳乃に比べると神経質。
静かで暗いところでないと寝てくれない。
佳乃はバスケをしている体育館の床でも
宴会場でも寝てくれるのに。

まだ、バイバイくらいしか手振りは出来ないけれど
「再見」もわかる。

伸びて目にかかっていた前髪を切った。
後ろもちょっと揃えてみた。
ワカメちゃん
まずい、ワカメちゃんだ。
ま、すぐ伸びるでしょ。

負傷

アジアカップでは男女共に4試合を消化。
7分流しだし、全て出ていたわけでもないけれど
さすがに体がいっぱいいっぱいになった。

旦那さまはどうやら肋骨を痛めた模様。
始めは、脂肪の奥にある筋が痛い、と脇腹をさすっていたが
動いてもさほど痛みはないのに、咳をするとひどく痛むらしい。
今週は出張続きで病院に行けないため、あくまでも推測。

私は久しぶりに突き指をした。
腫れて青くなるのは久しぶり。
とにかく衝撃を与えたり動かしたりすると痛かったので
広州で湿布を買いに薬局に行った。

そこで見つけたローカルな薬。
鹿香壮骨膏
タイガーバームの湿布型?
気になるので買ってみた。
一袋8枚入りで100円くらい。

第一印象。
臭っ。
しかし、すぐにスースー感がして効いている感じ。

「麝香壮骨膏」
辞書で調べてみた。
麝香・・・中薬の一種
(麝・・・<動>ジャコウジカ)
どうやら虎は関係ない。

一日つけていたら、指が何故かターメリックの臭いがする。

そして、足の小指はさらにぶつかること数回。
いつになったら治るかなぁ。

惜敗

3月6日、中国広州にて
第6回バスケットボールアジアカップ開催。

年に一度の大会。
10月にはチャイナカップがあって
こちらは中国国内の都市対抗。
アジアカップはその名の通りアジア中から日本人が集合。

参加チームは、上海、北京、蘇州、広州、深セン、香港、台北、
シンガポール、バンコク、クアラルンプール、マニラ、ハノイ、ホーチミン、ジャカルタ
の14地域から計15チームが参戦。
女子は上海+蘇州チーム、北京+ハノイ+ジャカルタチーム、
広州、香港、台北、シンガポール、バンコク
の7チームでの決戦となった。

去年は産休中だったため、今年が始めての参加。
秋のチャイナカップもすごいと思ったけれど
今回も大会の完成度、そしてその規模に圧巻。
asia cup
これ、あくまでも一部。後部にまだ倍程度の人が並んでいる。
会場は広州大学。
立派な体育館で観客席付きでコートは3面。この他にももう2面使用。
審判だってちゃんとレフリーシャツを着た中国人が笛を吹いてくれた。

上海(男子)チームは過去2回優勝経験あり。
今年も優勝奪回が目標。
7分クォーター(流し)の試合を3つを勝ち進み決勝戦へ。
宿敵香港が準決勝でまさかの敗退。
香港を下した開催地広州チームとの決勝戦。
ホームアドバンテージに屈することなく3年ぶりの王者へ!

女子ももちろん優勝が目標。
しかし途中3試合目で、前回優勝の香港チームと対戦。
ジャジャーン!勝利で初の決勝戦出場!
決勝はシンガポールチーム。
リードで進んできた試合もとうとう同点になり
終盤に相手のフリースロー。
残り時間45秒。1本が決まり、そのまま試合終了。
悔しい負け方で終わってしまった。

パパは気温25℃の中での試合で、一日で体重が5kg程度も減り
私は折れていた小指がコロンコロンに腫れ上がった。

来年の開催地は香港にほど近い深センに決定。
リベンジをかけて参加したいところだが
来年の3月まで上海にいるかなぁ。

気分転換

1ヶ月ちょっと日本で過ごし
戻ってきました、上海に。

佳乃サマは月曜日はさすがに疲れていたので家で過ごしたものの
次の日からグズルこともなく幼稚園に通い
早速新しい教材の英語DVDに没頭。
服を脱がされたクマのぬいぐるみを見て
「teddy bearがすっぽんっぽんになっちゃたねぇ」と
ルー大柴並みの英語力。

日本で体調を崩したさくらサマもすっかり元気になった。
アイには「日本に帰る度に体調を崩している」と言われたが、その通り。
日本に帰ると皮膚がカッサカサのカッピカピになって粉をふく。
今回は下痢にも悩まされた。
日本の水が合わないのか。日本に免疫がないのか。困る。

私は、日本に帰る前から美容院に行きたかったが
日本でも行けず、上海に帰ってきてボーボーさに嫌気が差した。
10年ぶりのショートにしました。

旦那様は私のショートをスポーツ刈りと言う。
高校生の時に超ベリーショートが流行り
その当時の私の髪型をそう呼んでいる。
そこまで短くする気はさすがにない。

いままで仕事をしていると結ってしまう方が楽で伸ばしていたけれど
仕事をする予定もないし、10年も長髪だったと思ったら飽きた。

10年ほど前に、飛行機の仕事を始め
半島の人間に少しでも髪の毛がはねているとしつこいほど注意されたのを思い出した。
耳にかけた髪が外はねしようものなら
「カール インサイドゥ!(Curl inside.)」と言われ
ショートの横から後ろにかけて、長さ数センチの髪にパーマをかけた同期もいた。
パンチ並みのカール。北の喜び隊にいそう。

旦那さまは、1週間ほど日本で合流。
妊娠7ヶ月の友人とお腹の出具合を比べ、見事に勝利。
あと10キロで0,1tまでもうすぐのところまでいき
現在はなんとか80台中盤でとどまっている模様。
先日のご飯も豚汁には一味、ハンバーグをゆず胡椒入りポン酢に浸して食べていた。
やっぱり保険足すなら県民共済かな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。