スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の瀬

中国のお正月「春節」もいよいよ来週となりました。

旧暦の1月1日が元旦となるため、毎年日にちが変わる。
中国人に来年の元旦は?と聞いても
ぎりぎりになるまで「わからない」「知らない」という人が多く非常に困る制度だ。
今年は1月26日が元旦。1週間お休み。
そして休み明けは2月1日の日曜日から。これも理解し難い。

来週末からは民族大移動が始まり
上海への出稼ぎ者は田舎に帰り、余裕のある人々は上海に観光に来るという。

主人の会社は、日本のお正月休みもあり、また中国のお正月休みもある。
どちらも祝日中では仕事にならないから、らしい。

今年は私が出産間近の為、春節は家でおとなしくすることに。
本来なら、この$安、€安の間に旅行に行きたいところだったが断念。ちっ。
ま、日本で年越し出来たから十分。

街中も、お正月ムードが高まってきて、大きなショッピングモールでは
赤、赤、黄、赤、黄、赤、赤、黄、黄、の飾りつけ。
提灯 爆竹飾り

カルフールなんかでは、年末大売出しで
店内にはダンボールのままたくさんの商品が並び
これって、ごちそうか何かかしら、カモ?アヒル?の姿ロースト。
アヒルの開き
トサカのついたニワトリさんも開き状態でローストされ吊るされていた。

お店の外にはおめでたい事には欠かせない爆竹の特設売り場まで出来ていた。
爆竹出店

年末年始は閉まってしまうお店も多いらしく、買いだめが重要という。
今週末には買っておけと中国人に言われたが、
お肉は冷凍できるにしても、お野菜などは今買って2週間ももつわけがない。
でも、ぎりぎりになると値段が上がるというのだ。それってあり?

今日は日曜日。人の集まるところではちょっとしたイベントと共に
地元高校生による歳末援けあい運動が行われていた。
おもむろに一人の男の子が、募金袋を振ってジャリジャリならしながら寄ってきた。
わかっていたが、タクシーをつかまえるのに急いでいたので
お得意の「わかりません」対応。
すると、「あー、オマエノアイノココロダヨ。1ゲンデモ、2ゲンデモ。」と言われた。
佳乃を抱いていたこともあり「ごめんなさい」と去ってきたけれど
あんた、高校生でいったいどこでそんな日本語教えてもらったの?
タクシーに乗った後よく考えてみたが、一生懸命日本語で説明してくれた彼に
5元くらい渡しても良かったのではないかと後悔した。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。