スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザ

日本でも猛威をふるわしているインフルエンザ。
上海でも例外ではないようだ。

ある日本人村のような集合住宅施設。
敷地内には日本の公団住宅のような団地が建ち並び
病院や郵便局、銀行など日本語だけで生活できるようになっている。
その中でインフルエンザが流行っているという。おー怖い。
でも、ぶっちゃけ、ただのインフルエンザならまだましかも。

中国、今年に入って鳥インフルエンザの人間感染が4件起こっている。
そのうちの2件は発症後数日で死亡。
しかも、その1件は大都会北京で起きている。

鳥インフルエンザ、鳥などの家畜類から感染するもので
どの例も、鳥をさばいたとか、死んだ家畜に触れたとかで
生血?に触れるようなことが無ければ、感染はしないらしい。
今のところ人間から人間への感染例も無いという。

しかし、奥様達の話を聞くと、危険レベル的なものがあって
0から4のレベル値の中で、現在は3.5!だと言うじゃないですか!

そして、在上海の日系大手企業では
万が一上海で鳥インフルエンザがパンデミック状態になった場合
駐在員とその家族全員を日本へ強制帰国させる手配が進んでいると言う。

えっ?うちは?
主人に聞いてみたが、そんな話は無いらしい。

出産予定日が数日しかかわらなく、同じ病院で出産予定だったMさん。
ご主人の会社から、もう少しで飛行機に乗れなくなってしまうので
万が一を考えて、今のうちに帰国しなさい、との指導があり
今になって、急遽帰って日本で出産することになってしまった。

残念なのと、いきなりの準備は大変だろうなぁと心配なのと、羨ましく思うのと。。。

とにかく、情報源はNHKと奥様達。アンテナを張り巡らせなければ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。