スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そろそろ

佳乃さま、3歳を目前にしてオムツとさよならできそう。

去年の夏が目標だったのだが
私が思いも寄らぬ悪阻に苦しめられ後回しにしていた。
「ま、いつかは外れるだろう」と、お得意のポジティブな考えだった。

だけど、中国の子供達、オムツ外れがとても早い。
もともとしていないという話もあるが、超便利マタ割れ服のおかげで、
デパートの中、傍にきれいなお洋服が並んでいようが
どんな人込みだろうが道の真ん中でも構わず好きな時に用を足せるので、
用を足すことの意識が早く身に着くのではないかと思う。

上海は夫婦共働きが主流で、子供の世話はアイさん(お手伝いさん)を雇う。
このアイさん達が子供をこまめにトイレに連れて行ったりして
トイレのしつけまでしてくれると言う。

そんな事情もあり、佳乃さまサイズのオムツは非常に品薄で
しかも日本の倍以上の値段、15枚入りで1000円位する。

佳乃さまも、11月から幼稚園に行き始め、ちょっと焦りを感じていた。
先生にも、「長い間オムツに頼るのは子供の発育にも良くない」と言われ
「幼稚園でお友達がするのを見て覚えて欲しい」などと
若干、幼稚園だのみだったが、家でもトレーニング開始。

初めから上手くいくとは思っていなかったので
寒さもピークの中、濡れてもいいようにパンツ1枚やタイツ姿で遊ばせたり、
30分おきくらいに失敗を繰り返すので、さすがに私に怒られたり
ちょっとスパルタ気味だったかも。

よく、パンツについているアンパンマンやキティーちゃんが濡れたらかわいそうだよ
と言うと良い、と育児雑誌などで見たが、効果なし。
う○ちまでキャッチさせられていた。
トイレでおしっこできたらご褒美シールを貼る、なんていうのもルールは守られず
家のあちらこちらにシールが貼られていたり。

そんな佳乃さまも幼稚園ではみんなと一緒にトイレに行くようになり
昨日は1枚もオムツを濡らさなかったという。
家でも、オムツを脱がせパンツをはいていれば
自分でトコトコとオマルに向かい、用を足すと「ママァ、出たよぉ!」と教えてくれる。

まだ、オムツをはかせると、濡れてもお構いなしだし
大人用のトイレは怖いらしい。
外出中と寝る時にはまだまだオムツ様に頼らなければならなさそう。

もうすぐ、春。もっと暖かくなる頃には、佳乃さまも小尻おしゃれが出来るようになるかも。
スポンサーサイト

COMMENTS

カノよかったね~オムツはずれももうじきだ育真はまだ自分から教えてくれないからもう少しかかりそうあまり力入れちゃうと私が怒りん坊になって育真がかわいそうになっちゃうよサチさんいつ予定日だっけ名前は考えた家は今考え中だよ

No title

そうなのよ。失敗を繰り返されると、ついつい怒っちゃうのよね。
さっき「わかった」って言ってたのにぃ!って。
でも、おかげで怒られることがイヤだっていう意識を持つようになって
いろいろと言う事を聞いてくれるようにもなったかな。
たまに、「ママ、怒らないでね」とか言われるけど。。。

予定は3月10日よ。名前が決まらなくて。
宮○さんのところは名前なんていうか聞いた?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。