スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の38週の妊婦検診で(予定通り産まれてくれば)最後のエコー検査をした。

ざっと大きさを測り、「3400gくらいですね」とのこと。
えっ!あと2週間もあるのにすでに3400g!
2週間前の検査から1キロも成長している。
残りの2週間でどれだけ増えるのか。ダダーン。

佳乃さまは3528g、53cmで誕生。
3500gは普通の域かな。でも53cmは長いらしい。
大体50cm前後とかで、産まれたての3cm差は大きく違うかも。
確かに、新生児室で並んでいた我が子はすぐに判別が可能だった。
今、お世話になっている通訳さんにも
「今までそんなに大きい(長い)日本人の赤ちゃんはいませんでした」と言われた。

エコーで赤ちゃんの体重を計測する時に
頭の大きさと大腿骨の長さで計算するので
今回もただ長いだけで太っていないことを願う。

エコーはエコー係りがいて
エコー終了後に担当のお医者さんの診察。
一応「産科主任」という肩書きの付いたおばちゃん先生。
中国でもある程度の「お医者様は偉い」的な意識があるようで、ちょっと偉そうな感じ。
先生に嫌われるようなことがあると何をされるかわからない、と思うと
こんな時にも、ついつい営業スマイルが出てしまう。

でも、この先生、ただ偉そうなだけではないよう。
いつも触手のみで「逆子ではありません」とか
「頭が少し下がったかな」とか言ってくれるのだが
不思議なのは、胎児の大きさ。
病院で測ることといったら
血圧、体重、胴囲と子宮底長(大きくなったお腹の縦の長さ)くらい。
それで、いつも何かの数値を出し、表に照らし合わせ「成長は順調です」と言っていた。
何を基にその値が出るのか、そして、そんなに適当でいいんだ、と思っていたが
この間は、エコーの結果も見ずにお腹を触ると
「んー、3400gくらいね」と。当たり。
中国四千年の歴史の成せる業なのか。

触っただけで胎児の下がり具合や大きさまでわかるくらいだから
出てくる時期なんかも判っちゃうんじゃないのぉ、と思い聞いてみた。
「それは判りません」と即答。あ、そっ。
「こればっかりは人それぞれ。医者にはわからない領域。」というお答えでした。残念。

よく、満月と新月の時に出産が増える、という。
これは、科学的にも証明されているらしく、
人間も自然の力の中で生きている動物なんだなぁ、と思わされる。
2月に知り合いで2人の赤ちゃんが同じ日に産まれた。
調べてみると、2月の満月の日だった。偶然にしてもすごい。

ちなみに3月の満月は11日。予定日10日。
佳乃さまは満月にも新月にも当たらなかったけれど予定日ぴったりの誕生。
またピタリ賞を狙えるかも。

先週はパパが日本出張だったのにもかかわらず
明日も一晩いない。そして来週はまた出張で平日はほぼ不在。
産まれるとなればキャンセルできると言うが
上海にいる時に出てきてくれる親孝行な子だと嬉しいなぁ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。