スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイさん

3月に入り、いよいよ出産も間近。
うちでも、とうとうアイさん(お手伝いさん)を雇うことになった。

今日はその初日。
チャンさんというその女性は歳が近く
「お手伝いさん」という慣習になれていない私にとっては
どうもいろいろと頼みずらいところがある。

でも、仕事は仕事。むこうもこちらにはっきりと言ってもらった方がやりやすいらしい。
今のところ、この家にいる間は、マンション側が週に3回掃除をしてくれる。
洗濯もわざわざお願いするほどの量も無く
して欲しい事と言ったら、お買い物と夕飯作りだけ。
今後、産後に佳乃のお迎えもお願いしたいので
夕方を挟んで4時間程度いてもらうのだが
それにしても、やることがない。
まだ産まれてもいないし、私自身、自分で何でもしてしまう性なので
本当に必要だったのかと思ってしまう。

でも、パパ的には少しでも私の負担を少なくしたいという優しさとともに
自分に降りかかるものも減らしたいという本音もあるのだろう、
「絶対に必要だ」と言う。

ま、これから引越しもあるし、産後の無理は一生引きずると言うので
この生活に慣れるようにしてみようと思う。

早速、今日はアイさんの作った本格家庭中華料理。
日本でいう「豚の角煮」を作ってくれた。
若干余計な中華らしい薬味が入っていたけれど、
とても美味しく佳乃さまもよく食べてくれたし
パパも「伊達に中国人じゃねぇなぁ」と満足。
後片付けもしっかりしていってくれる。

以前、香港人と台湾人の家でアイをしていたことがあると言っていたが
なかなかの仕事っぷりに感動。
長く付き合ってみなければわからないこともあると思うが
とりあえず、スタートは◎。

問題は「言葉」。
私のなんちゃって中国語ではまだまだスムーズな意思疎通は難しく
辞書を片手に、筆談を交えての会話。
ま、こうやって覚えていくのかな。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。