スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家長会

今日、佳乃の幼稚園で家長会(保護者会)があった。

今回初めての参加。
9月から新しい学年になったし、クラスにいる日本人の父兄とつながりが持てるかも
と思い、行ってみることにした。

実は佳乃さま、新学年になってからかなりのスランプ。
毎日のように先生には「集中力がない」「注意力が必要」などと書かれ
先週の金曜日は、朝、お見送りで泣かれた。
佳乃なりにも先生のプレッシャーを感じているのだと思う。
その日はさくらが予防注射を受けに行く予定でいたので
「幼稚園に行かないなら注射だよ」と脅したのに
「注射に行く。幼稚園行かない。」とまで言い、さすがに心配になった。

そんなこともあり、様子を見るにはいい機会だった。

以前行ったことのある人の話しでは
「あんまり行く意味ないよ」ということだったのだけれど
保護者への説明会の後にミニ参観があったので非常に有意義だった。

しかし、少しでも楽しんでいる姿を見られるのかと思いきや
ママの期待虚しく、ちっとも楽しそうじゃなかった。

まず、保護者のいる教室に何も知らずに入ってくる子供たち。
みんなママやパパを見つけて嬉しそうにしているのに
佳乃さま、目が合っても無表情。
その原因は、見慣れない幼稚園ジャージを着ていたからだと思われる。
今日は、お気に入りの「プリキュア風」のお洋服で出かけたのに
スカートが枝豆色の短パンになっている。
今までオムツが外れてから一度も失敗はしていないのに今日に限って。。。

そして、英語クラスの始まり。
カナダ人だという見た目アジアっぽい30歳くらいの女の先生。
色や文房具の名前、そして今日はアルファベットの「C」をお勉強。
ちょっとした歌やリズムに合わせて、みんな楽しそうに学んでいるのにもかかわらず
佳乃さま、無言。そして身動きせず。
たまにチロリと私と目を合わすのだが、無表情。

24、5人もいるのに明らかに動かな過ぎで目立ってしまっている。
先生が気を使ってか、佳乃を呼んで気を引こうとしても無視。
しまいには他の先生が佳乃の側に行っても変化なし。

最後はみんなで繋がって列を作っているのに
佳乃さま、椅子から立っただけ。
結局先導する先生に手を引かれ、先頭で教室を出て行った。

あまりの姿にママ凹んだよ。

心配になって教室に行ってみると
我慢の限界越え。大泣きをしている。
みんなと遊んでおいで、と言ってもママから離れない。
そして先生が来るとママの後ろに隠れる始末。
本当は心を鬼にして頑張って欲しかったけれど、結局早退。

幸いにも、去年も佳乃を看てくれた先生が今年も担任。
その先生に、佳乃はいつもこんな感じなのか、
新学年になってから佳乃の様子がおかしいと思う、
と話してみたが、先生の言葉は連絡帳と変わらず。
その辺りでは成果なし。
とりあえず、来週からしばらく幼稚園から離れるし
とにかくあと1週間頑張ります。と言って帰ってきた。

今日、家でも使ってくださいと渡されたDVDをつけると
今日の授業内容と非常に似ていた。
授業中は固まっていて、理解しているのかしていないのか分からなかったけれど
とてもいい発音で「アポー(apple)」などと言っている。

今日の佳乃さまの実情を見て感じたこと。
言葉が分からないのではなくて、新しい雰囲気に慣れていなくて入り込めない
のではないかと思う。
佳乃さま、基本的にうるさいのは嫌い。
先生が「これなんだ?」という質問に勢い良く答えるお友達。
それが普通なんだけれど、佳乃さまにはウザイに違いない。
完全に心をふさいじゃってる感じ。

パパも私も、幼稚園に求める物は勉強ではなく楽しく遊べること。
しばらく様子見かなぁ。
スポンサーサイト

COMMENTS

分かるぞ~!

カノちゃんはかなり頑張っていると思う。
家のコウキも新しい環境とウルサイ場所が大の苦手。
バスケに来ているときのカノちゃんの笑顔を知っているだけに、
カノちゃん本当に試練の時なんだろうねぇ。
順応性を周りと比べる必要もないと思うし、個性があって良いのでは!
カノちゃんが早く楽しく幼稚園に行けるようになると良いね。
サチさんもカノちゃんも頑張り過ぎないように!(^^)

No title

kohさま
温かいお言葉ありがとうございます。
昨日は楽しかったらしく、今日は元気に出て行きました。
日本に帰ったらご褒美生活させてやらなきゃ。

No title

なんだか、ひさしぶりに見てみると、カノちゃんが頑張ってて目頭が熱くなってしまいました。
でも母親として、娘が一人だけ無反応の状態で参加してなかったら、どんだけ心配するかと、思うと、ん~考えてもどうしたらよいか。
それに大泣きしちゃうとツライなぁ。
カノチャンは、ちょうど、ママに見てもらえて良かったのかもしれないですね。
だって、よく、親がいるところでは、演じるように良い子で授業したりするじゃないですか。
だから、カノチャンはすごい素直に、そのまま見せたんですねー。
人は慣れというものがあるから、その’うるさい’のにも、慣れてくるのかな。
カノチャンはマイペースでがんばれ~!
帰国楽しみにしてます!!!!!

No title

保育参観!?みたいなものかしら?お疲れ様。
いろんな子がいるし、みんなが揃って、楽しそうにしているのも、作られた環境みたいで怖いし、まぁ、その日の体調もあるしね。

集中力がない!なんて、逆につまらないからだよね。子供は関心が向けば
どの子も集中するよ!注意力は経験して学ぶわ!  なんて、ね・・・。

二人に連絡したら、10日(土)夕方で意見が合いました。どう?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。