スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

China Cup @北京

日本での時間もあっという間に終わり
上海に戻った次の日、北京におりました。

1年に一度開催される在中駐在日本人のバスケットボール大会。
中国各地から社会人チームが集まる。
今年の開催地は北京。
参加都市は、北京、上海、蘇州、香港、広州、深セン、天津。
みんな、飛行機で集合。よくやるよなぁ。

ちなみにAsia Cupっていうのも毎年3月に開催されていて
これには、中国大陸都市の他に、台北、バンコク、シンガポール、
マレーシア(クアラルンプール?)、インドネシア(ジャカルタ?)のチームが参加。
毎年場所を変えて大会が行われている。みんな、好きだよねぇ。
次回の開催地は中国・広州。
近いのはいいけど、どうせならバンコクとかでやってくれると
観光も楽しくていいのに、と思ってしまう。

去年は、上海で開催だったのだけれど
旦那さまは仕事と重なり、私は産休中だった為、今年が初出場。

大会日程は1日しかないので、試合スケジュールは結構ハード。
予選は流しで12分ハーフのものの、連続あり、試合数は多いと4、5試合になり
10分クォーターで行われた決勝戦はみんなで攣った足の伸ばしあいだった。

上海チームは、35歳を境に年齢で分けた2チームが参戦。
山下は年上チーム。
このチーム、なかなかいいチームだと思う。
190cm超のガーネット風10頭身パパ、
順天堂大卒で印旛沼の周りを走っていましたという中心人物、
外からのシューターもいる。
そして、自称燻し銀プレーヤーこと器用なデブ。
さすがにスピードもパワーも若者チームには劣るけれど
経験によるナイスプレーはなかなか。
結果は、9チーム中3位!おじさんたち頑張った。

大会優勝は、ここ数年アジアで負け無しという香港チーム。
2位は上海若者チームでした。
2回にわたり延長戦を行い、最後1点差での惜敗。
悔しかったけれど、いい試合見せてもらいました。

女子は参加チームが少なく、今年は北京と上海だけ。
結果、上海の勝利。
その他、蘇州、広州から来た数名を加え、
全員で2つの混合チームに分かれて交流試合を行い、和やかに終了。

来年の開催地が蘇州に決まり、全日程が終了。
蘇州は上海から車で2時間くらいのところ。
日帰りも可能だし、近い分、来年は上海にアドバンテージがあるかも。
私達、来年もまだ中国でバスケしてるのかなぁ。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。