スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予防接種

子供の予防接種って結構面倒くさい。

しかも、中国と日本で受けなければいけないもの、受けたほうがいいものなど
若干の違いがある。

基本的に佳乃サマが受けてきたものを元に
さくらにも最低限同じものを、と思っていたが
中国にいると、受けなければならないものが多い。

B型肝炎。
私達大人も、渡航の前に受けさせられた。
さくらは生後24時間以内に打つことが決められていた。
佳乃は渡航前には要らないといわれたが
幼稚園のお友達などに聞くと、受けた人が多かったのでこちらで受けた。

ポリオ。
日本では2回の接種。
自治体が集団接種を行ってくれるので
一定の月齢になると市からお知らせが来た。
ところが中国では4回の接種を勧められている。
他の注射との兼ね合いを考えながら自分で受けに行くので非常に手間がかかる。

そして、最近日系クリニックのお医者様から勧められた予防接種。
「ヒブ」と「肺炎球菌」

どちらも細菌性髄膜炎を防ぐ為のもので
日本以外のほとんどの先進国では接種が当たり前になっているという。
日本では今のところ任意での接種、しかも1回数万円という高額な費用がかかるらしい。

日本にいる時には知る由もなかったけれど
お医者様曰く、日本はそういう面で非常に対応が遅れていると。
受けなければならない注射の種類も、接種費用の国の援助も。
海外で普通に使われている薬が日本で認められていないとか
臓器移植をするのに多くの人が海外に行ったり
代理母出産なんかも産まれた後の戸籍が問題になったり。
そんなことはニュースで聞いたことがある。

私は基本的に自然治癒派だし、
良いからと言ってなんでも体に入れるのは、と思ってしまう方。
でも、母国以外でおかしな菌に侵されたとしたら
防げる物を防ごうとしなかった事を非常に後悔するに違いないと思い
受けておくことにした。

1歳児検診でさくらサマが受けた注射の数、4本。
両二の腕、両腿に1本ずつ。
さくら、ゴメン。

佳乃にも受けさせたいのだが
平日は幼稚園だし、最近注射を怖がるようになってしまった。
小さい頃泣いた注射は、グリグリ押されたハンコ注射くらい。
悪いことをすると注射だよ!と、言うことをきかせていたのが仇になった。

私は小さい頃からおとなしく注射を受けていた方だと思う。
山下母曰く
パパは注射となると逃げ出し、いつも追い掛け回していた、と。
ここ数年、インフルエンザの予防接種をするようになったのは
大きな成長らしい。
スポンサーサイト

COMMENTS

予防接種結構大変だよね。翔太もヒブをしようとと思ってはや半年、やっと予約をしたが半年以上待つと言われたよ。早く打てたらいいな。

No title

おじょー、
日本でそれだけ打つのが大変なら
こっちで受けておいてよかったと思えるよ。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。