スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダダダーン

4月上旬に送った船便の荷物が無事に上海へ到着。

パパに、パソコンを使って早く佳乃とおしゃべりしてほしいと思い
パソコンの組み立てをお願いしていた。

彼は、はっきり言って、こういうことには弱い。
今まで、全ての組み立て+解体を私が行っていた。
説明書を読むのも嫌い、そして適当人間。
私は、結構な機械人間。こういうことは得意。
説明書を熟読するのも好き。「こんな機能もあったんだぁ」と得した気分になる。
二人、つり合っているのかもしれない。

ま、いろいろコードはあるけれど
見れば、どれがどこと繋がるかなんてすぐわかるし
問題はインターネット接続くらいかと思っていた。

日曜日の夜、主人から電話で
「パソコンが逝ったかもしれない。」チーン

日本と中国、電圧が違う。
パソコンを繋ぐにも変電器が必要。
今回、2種類の変電器を持って行っていた。
ひとつは、パソコンや携帯、オーディオ機器などの小電力用。
もうひとつは、ドライヤーなどの熱を発する物対応の大電力用。

まず、小電力用の変電器を使い、そこにタコアシ配線で
いくつかのコードを繋いでみたら、動いているが電力が足りない感じ。
そこで、大電力用の物に交換。
ボォンッ!
火花とともに変電器が爆発。ドリフの雷様状態。
にはならなかったけど、静電気も怖がる極度の電機嫌い。
「もう二度と触りたくない」と。

やはり、変電気を使ってのタコアシがいけなかったのか?
とにかくこちらとしては、どこまで大丈夫なのか、どこまでいってしまったのか
少しでも知りたい。
なんとか強引に確認してもらうと
箱(システム部分)は電源が入ることが判明。
しかし、モニターが無反応。

どうしたものか。

今、通っている母の会社。
こういうことの専門の方がいらっしゃる。
聞いてみると
「モニターだけなら他のメーカーでも繋げられるので大丈夫。
 本体に電源が入ってもシステムが作動しないこともありえる。
 ハードディスクに入っているデーターは簡単に他のパソコンに移せる。」
という、大変頼りになる回答を頂いた。

モニターが直ったとしても、電圧のことを考えると
これからも使っていくことが心配。
修理代だって、モニターだけの単品買いだっていくらかかるかわからない。
日本のパソコンを海外で使っているとおかしくなるのが早い、
と友人に聞いたことがある。
むこうで安いのを買ったほうがいいかもしれない。

もともと、「日本に戻ってくる時には新しいものにしてもいいね。」と
壊れることを覚悟で持って行ったもの。
こんなに早く壊れてしまうとは残念だが、あきらめ時かもしれない。

スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。